fc2ブログ
そのセールストークって本当?という疑問を空気を読まずに保険のプロに質問してみた
【Dr.KEN氏】よりよい議論を目指す上での定義の重要性

生命保険の代理店手数料について質問したら逆ギレされた件のつづき。

坂本さんは、「"通りすがりさん”とのやりとりについて。」のNo.12(2010/06/21 17:03)のコメントで

言葉の意味を明確にしないで議論されているので、時として付いていけないこともあります。

とおっしゃってます。

Dr.KENさんは「より良い議論」を行いたいと考えていらっしゃいますよね?

「より良い議論」には、「言葉の意味を明確」にすること、つまり、定義をしっかりすることが重要だと私は考えます。

なぜ、定義を明確にしなければならないかというと、議論のキホンは相手の主張を理解することだからです。定義が明確でないと相手の主張を正確に理解することが出来ません。

たとえば、Dr.KENさんがAというテーマで記事を書いたとします。Dr.KENさんは、頭の中ではAのことをBと定義していたとします。ただし、記事の中では、AのことをBと定義しているとは書いていなかったとします。

このとき、私がAについて書かれたDr.KENさんの記事を読んだとします。私はAについてCと頭の中で定義していたとします。

ここで、私もDr.KENさんも、Aについてのそれぞれの定義を明らかにしないで、議論してしまうと、どうなるでしょうか?まったくかみ合わない議論になってしまうでしょう。私もDr.KENさんも超能力者ではありません。相手が頭の中で考えていることは、それを表現しないと相手には伝わりません。

そんな議論は「より良い議論」ではなくダメな議論ではないですか?

いままでのDr.KENさんのブログや掲示板etcでの議論の中で、議論がかみ合っているものがあるでしょうか?

かみ合わない議論は避けたいから、私はDr.KENさんにいっぱい質問するわけです。はっきり言って、まだまだ質問し足りないです。いまの、議論がかみ合っていない様を見れば、その理由は明らかでしょう。多少、皮肉の混じった質問もありますが、基本的にはDr.KENさんの主張を理解したいから質問しているのです。

逆に言えば、Dr.KENさんの記事・発言は、「言葉の意味を明確」にしていないものばかりということです。もし、たくさんの質問を受けたくないというなら、「言葉の意味を明確」にして記事を書いていただきたい。私がたくさんの質問をすることになったのは、Dr.KENさんが蒔いた種が原因でしょう。

いや、Dr.KENさんのおっしゃる「より良い議論」とは建前であって、本音は「Dr.KENさんに都合のよい議論もどき」がしたいというのであれば、そのように宣言された上で、今まで通り「言葉の意味」がよく分からない記事・発言を繰り返されればよいと私は考えます。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント:3   トラバ:0   [よい議論とは]
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【Dr.KEN氏】よりよい議論を目指す上での定義の重要性
【Dr.KEN氏】生命保険の代理店手数料について質問したら逆ギレされた件

Dr.KENさんの掲示板で「代理店手数料」と題して質問したところ、逆ギレされてしまいました(^^;)

◆生命保険の代理店手数料について質問した理由

それだけのもの私が全てそらんじているわけでもなく、それを私がわざわざ調べて契約者でも無いあなたに、
ここで私が公表する必然性がどこにあるのというのでしょうか?

答えはYesです。手数料について、Dr.KENさんが説明する必要があります。

理由は、Dr.KENさんがブログや掲示板で、保険業界以外の人に対して、「手数料」の多寡の話を持ち出されるからです。

生命保険の代理店手数料とは、保険業界人であるDr.KENさんでさえ、

全て記憶できないもので、
わざわざ調べなければ答えられないもので、
逆ギレしたくなるほど複雑なもの

なのですよね?

では、保険業界とは関わりのない素人ならば、代理店手数料について、まったく知識がないに等しいことくらい想像が付かないのでしょうか?

それなのに、Dr.KENさんは「生命保険の資産性…2」で

【定期保険】は貯蓄性の高い【終身保険】や【養老保険】と比べたら
同じ保険金額に対して…とうぜんの事ですが保険料は格段に安くなります。
そして契約者から頂けるソノ保険料に対しては…
我々保険募集人が頂ける手数料の割合は格段に多いのです。(^_^;)

とか、「"通りすがりさん”とのやりとりについて。」のNo.8(2010/06/18 18:02)のコメントで

同じ保険料ならば終身保険より掛け捨て保険の方が圧倒的に多くの手数料がもらえるのです。

という手数料の多寡の話を一方的にされるのですが、素人には理解しづらいです。

「同じ保険金額」「同じ保険料」ということですが、他の条件など具体的に示していただかないとよく分かりません。「格段に」「圧倒的に」などという、どうにでも受け取れるよく分からない表現ではなく、いっそのこと、そのまま数字で示していただいた方が理解しやすいです。

以前、「生命保険の原価」が話題となったとき、イメージや誤解、思いこみで発言するのを批判されたのは、誰と誰でしたっけ?

だから以前の批判を踏まえ、「手数料」についても、きちんと理解した上で、発言した方がよいと考えました。そこで手数料については、代理店をしておられるDr.KENさんに質問するのがよいと考えたのですが、この考えは間違いでしょうか?

手数料に関して、詳しく、かつ、誤解のない書籍が巷で流通しているなら、自分で買って読みますが、そんな本ないですよね?結局、保険業界の方に聞くしかないでしょう?

正確に理解しようとして質問するのはダメで、一方で、よく理解せずに思いこみで発言するのもダメと言われたら、いったいどうしたらいいのでしょうか?

そもそも「手数料」に関する質問は受け付けないというなら、最初から、業界人以外にはよく分からない「手数料」の多寡の話など持ち出すべきでないのではないですか?

それが、Dr.KENさん自身もおっしゃっている、議論における「エチケットや礼儀」なのではないのですか?

よりよい議論を目指す上での定義の重要性に続く。

人気ブログランキングへ

コメント:0   トラバ:0   [よい議論とは]
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【Dr.KEN氏】生命保険の代理店手数料について質問したら逆ギレされた件
【Dr.KEN氏】生命保険会社の資産運用は個人と比べてローリスクか?

Dr.KEN氏が、「生命保険の資産性…2」で指摘した

(1)どのような形で運用するのか?

というご質問について考えてみたい。


この質問は、「生命保険の資産性…3」における発言

生命保険の資産性は基本的はローリスク・ローリターンです。
そこからの資産を投資に回してリスクは生じないのでしょうか?

から、言い換えれば、

保険会社が運用する場合は、ローリスクだが、
個人が運用する場合は、ローリスクではない。

個人はどのような形で運用するのか?

という質問と考えられますが、間違いありませんでしょうか?


≪考え:その1≫

では、まず、

保険会社が運用する場合は、ローリスクだが、
個人が運用する場合は、ローリスクではない

という主張が妥当か確認してみます。


Dr.KEN氏は、以前のコメント(2010/05/13 23:44)で、

保険会社の資産運用は一定の安全性を保つため業法でも厳しく規制され
資産運用での破綻リスクを抑制されているようです。

と回答され、51の質問への回答でも、

>Q25 保険会社の資産運用にはどのような規制があるのですか?
詳しい事は判りませんが、なにしろ契約者の大切なお金を預かっているわけですから(^_^;)

>Q26 資産運用の規制があることで、一定の安全性が保たれるのはなぜですか?
安全性を保つための規制ですから安全性が保たれなければ意味がないですものね。

と回答されている。

つまり、「保険会社が運用する場合は、ローリスク」という根拠は、

保険会社には、保険業法による資産運用の規制があるからローリスク

であると考えられますが、いかがでしょうか?


では、この「保険会社には、保険業法による資産運用の規制があるからローリスク」が妥当であると仮定しましょう。

そうすると、

保険会社が、保険業法の資産運用の規制の範囲内で運用を行えば、ローリスクに運用できる

というのであれば、それは同様に、

個人が、保険業法の資産運用の規制の範囲内で運用を行えば、ローリスクに運用できる

ということも成り立つはずですが、いかがでしょうか?


つまり、

保険会社がローリスクに運用できるというなら、個人でもローリスクに運用できる

という結論になるわけです。


よって、「保険会社には、保険業法による資産運用の規制があるからローリスク」が妥当であるとすると、

保険会社が運用する場合は、ローリスクだが、個人が運用する場合は、ローリスクではない

というDr.KEN氏の主張は誤りであり、正しくは

保険会社がローリスクに運用できるというなら、個人でもローリスクに運用できる

という結論になります。


≪考え:その2≫

つぎに、「保険会社には、保険業法による資産運用の規制があるからローリスク」が妥当かどうかを考えてみたい。


ここでは、保険業法の「資産運用の規制」はどのように作成されたか、を考えてみる。

当たり前の話ですが、この規制を作成したのは人間である。問題となるのはどんな人間が作成したのかということ。誰がこの規制を作成したか、簡単に考えれば以下の2パターンだろう。

(A) 法律のプロ
(B) 法律のプロと運用のプロ


ここで、Dr.KEN氏の別の発言を思い出していただきたい。

”プロ”でも確実な運用が出来ない時代に素人が
保険料の余った分を投資しに回して上手くいくのでしょうか?

という発言である。この発言は言い換えれば、

運用のプロでも確実な運用ができないし、
素人も確実な運用ができない

と主張したいのだと考えますが、いかがでしょうか?


(A)(B)にあてはめて考えてみます。


(A) 法律のプロ

法律のプロは運用のプロではなく素人だから、確実な運用ができない。そのような人が作成した「資産運用の規制」に基づいて運用を行っても、確実な運用ができない。

つまり、

法律のプロが作成した「資産運用の規制」に基づいて運用を行っても、ローリスクにはならない

という結論になります。


(B) 法律のプロと運用のプロ

では、法律のプロと運用のプロが一緒に「資産運用の規制」を作成した場合はどうか?

Dr.KEN氏の主張に基づけば、法律のプロは(A)の通りであるし、「運用のプロでも確実な運用ができない」のだから、結局、

法律のプロと運用のプロが一緒に作成した「資産運用の規制」に基づいて運用を行っても、ローリスクにはならない

という結論が導かれるわけです。


よって、Dr.KEN氏の

運用のプロでも確実な運用ができないし、 素人も確実な運用ができない

という主張に基づけば、

資産運用の規制に基づいて、保険会社が運用を行っても、ローリスクにはならない

わけで、

「保険会社には、保険業法による資産運用の規制があるからローリスク」は妥当でない

という結論になります。


つまり、Dr.KEN氏がこの議論の前提とした、

生命保険の資産性は基本的はローリスク

が間違いということになるのです。


別の言葉で表現すれば、

保険会社が運用する場合と個人が運用する場合のリスクを比較して、
保険会社が運用する場合の方がリスクが低い、というのは間違い

ということです。


では、個人が具体的にどのように運用するのか、については、「『逆ざやと生保の破たんに一言』について」の最後に名前だけ触れましたが、「インデックス投資」という方法です。この投資法がよいと考える理由については、後日とさせていただきます。

人気ブログランキングへ

コメント:0   トラバ:0   [生命保険のリスク]
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【Dr.KEN氏】生命保険会社の資産運用は個人と比べてローリスクか?
【Dr.KEN氏】「契約者」にとっても、「貯蓄性の高い保険がデフレに強い」の根拠が不明な件

先日、Dr.KEN氏のデフレ下の終身保険(長割り終身)ローリスク論の根拠が不明という記事を書いたところ、Dr.KEN氏から強いお叱りを頂いてしまった。


Dr.KEN氏の考えでは、「主語が違う」とのこと。

貯蓄性の高い保険がデフレに強いというのは”契約者”にとってであって”保険会社”ではないのです。
どうして保険会社側からの思考をされるのか不思議でなりません。

Dr.KEN氏がおっしゃりたいのは、「主語」というよりは、視点といった方が近いような気もするが、それは置いておくとして。


「貯蓄性の高い保険がデフレに強い」という主張は、Dr.KEN氏の「生命保険の資産性」1~4の記事を要約するに、

デフレの時代には、貯蓄性の高い保険は、保険会社がリスクを取り、契約者にはリスクが少ない

と言い換えることができると考えますが、合っていますでしょうか?


ここで、逆に、Dr.KEN氏にお聞きしたい。

「貯蓄性の高い保険がデフレに強い」という議論において、どうして「契約者」と「保険会社」を分離して思考をされるのか不思議でなりません。

別の言葉でいえば、どうして「保険会社がリスクを取り、契約者にはリスクが少ない」というような、保険会社が損、契約者が得、という状況が起こりうると考えるのか不思議でなりません。


私が言うまでもなく、保険のプロの方ならご存じのはずだが、Dr.KEN氏は収支相等の原則はご存じないのだろうか?

収支相等の原則に基づけば、保険会社がリスクを取っているかに見える「リスク」は、契約者が負担している保険料に織り込み済みであり、実際には契約者がリスクを取らされているにすぎない。

保険料に織り込み済みのリスクを超えるリスクなり損が発生すると、保険会社が破綻し、保険金が削減されるなどのリスクを契約者が負うことになる。

つまり、Dr.KEN氏の主張は、保険の収支相等の原則に基づかない、荒唐無稽の主張だと考えますが、いかがでしょうか?


したがって、「契約者」にとって、「貯蓄性の高い保険がデフレに強い」という主張も、デフレに強い、デフレに強いと繰り返すばかりで、デフレに強い理由、明確な根拠は何も示していないのは変わらないだろう。

人気ブログランキングへ

コメント:0   トラバ:0   [貯蓄性の生命保険]
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク -  【Dr.KEN氏】「契約者」にとっても、「貯蓄性の高い保険がデフレに強い」の根拠が不明な件
【Dr.KEN氏】デフレ下の終身保険(長割り終身)ローリスク論の根拠が不明な件

Dr.KEN氏の主張で突っ込みどころが満載なものの一つは、「デフレ論」だろう。これからの時代は「デフレの時代」というのが彼の持論だ。

私からすれば、これからの時代はデフレの時代だと考えている人がよく生命保険なんて売れるなあと思ってしまうのだが。


どこが突っ込みどころ満載かというと、終身保険はデフレに強いというのだが、デフレに強い、デフレに強いと繰り返すばかりで、デフレに強い理由、明確な根拠は何も示していない点である。


デフレが継続した場合、生命保険会社が経営を維持できないのではないか、ということが懸念される。この点に触れずして、終身保険はデフレに強いと主張したところで、机上の空論だろう。

過去20年のインフレ率と生命保険会社の破綻数をグラフにした下の図を見ていただきたい。(※インフレ率のデータの参照元はこちら

インフレ率と保険会社の破綻数

デフレの年に保険会社の破綻数が多いのは気のせいだろうか。一見インフレに見える、1997年は、4月に消費税率が3%→5%に引き上げられたため、物価が上昇したと言われている。

どうやら、生命保険会社はデフレに弱そうなのだが、Dr.KEN氏はどうお考えなのだろうか?Dr.KEN氏は保険会社が破綻したのは「限られた期間」と主張しているが、「限られた期間=デフレの期間」なのではないか?


他にも、デフレが継続すれば、企業業績や個人の所得も減少していく可能性がある。

とすると、税収も落ち込む可能性が出てくるわけだが、ここで問題となるのが、国債だ。現在のような国債の発行もあと数年で限界というような指摘もちらほら聞かれるようになってきた。国債の発行残高が国民の金融資産総額を超えるのではないかという懸念である。デフレが継続し、税収の落ち込み分を国債で賄うような状況が続けば、先のような懸念が現実となり、国債価格が下落する可能性がある。

国債価格と終身保険に何の関係があるのかと思われるかもしれない。Dr.KEN氏も「全てがつながっている」というように、国債価格と終身保険もつながっている。たとえば、Dr.KEN氏オススメの「長割り終身」を販売しているあんしん生命の資産運用総額(平成20年度)の76%が国債である。


逆に、税収の落ち込み分を増税によって賄うとすると、国債の発行額が減少することが考えられる。

国債の発行額が減っていった場合、国債を銀行、保険会社、個人etcで奪い合う状況が発生する可能性がある。資産運用を国債に依存している生命保険会社は、運用先が無くなってしまう可能性があるということだ。国債での運用を予定していたものを、株式での運用を行うことになるかもしれない。だが、そういう状況が生じた場合、他の保険会社も同様の状況であろうから、株価が上昇し、高値をつかんでしまって、たいして利益にならないかもしれない。

国債依存の資産運用もリスクがあるということだ。


他にも、デフレが継続し、所得が減少するなかで、終身保険の加入者数が維持できるのかなど、「終身保険はデフレに強い」という主張への疑問は枚挙にいとまがない。


結局、終身保険がデフレに強いというのはDr.KEN氏の思いこみに過ぎないのではないか。Dr.KEN氏にとっては終身保険の販売に有利だから、そう思いこんでいるようにしか見えない。

先の51の質問への回答で自らおっしゃっているように、Dr.KEN氏は「単なる保険屋」で保険会社の経営や資産運用には詳しくないようだから、そのような人が終身保険はデフレに強いと主張しても、たいした裏付けも根拠もないのではないか、と推測される。

今後も「終身保険はデフレに強い」と主張したいなら、Dr.KEN氏は十分な理由なり根拠なりを示して主張すべきだろう。

人気ブログランキングへ

コメント:0   トラバ:0   [貯蓄性の生命保険]
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【Dr.KEN氏】デフレ下の終身保険(長割り終身)ローリスク論の根拠が不明な件
| HOME | next